京都で着物レンタルするとタンスがいりません

banner着物は高価ゆえ、気軽に購入するというわけには
いきませんし、購入後は汚れたり、虫食いなどを
防ぐためにもしっかり管理していく必要があります。

そして和服を収納するには専門の和タンスも必要と
なってきます。

着物は着付け(京都前撮りについて)や管理が大変ですので、なかなか購入前に
いたらないということも少なくありませんが、
最近はレンタルで楽しまれる方も増えています。

着物を着たい

レンタルですと、着物にまつわる手間をかけずに着物を楽しむことができます。
保管やお手入れの手間は日常的なものであるがゆえに面倒を感じやすいものです。

普段着として着物を着ている方ならばこうした手間も厭わないのかもしれません。
しかし年に数回しか着る機会がないと手間は面倒なものです。

京都は着物文化が発達していることで知られていますが、京都では販売だけ
ではなく、レンタルで提供しているお店も多いものです。

手頃な価格

京都で着物レンタルを利用すれば、手頃な価格で和の美しさを楽しむことが
できますし、着付けやヘアメイクにも対応しているお店も多いものです。

そして使用後はお店に返却するだけですので、わざわざタンスを購入したり、
管理で苦労することもありません。

必要なときいつでも和服を用意することができますし、借りるたびに違う商品を
選べるのも嬉しいものです。

いつまでもキレイな状態で保つ正しい着物の保管方法

もし着物を所有しているのであれば、保管に気を使わなければなりません。
基本は桐が素材として使用された和タンスを使用します。

着物にとって大敵となるのは、湿気によるカビと虫食いです。桐の木材は湿度が高いとその水分を吸収して膨らみ、逆に乾燥しすぎている時には縮んで水分を出すという性質があります。
そのため和タンスに使っていると、天然の調節機能となるわけです。

さらに虫を寄せ付けないという性質も併せ持つため、一石二鳥のメリットです。 ただ本格的な和タンスを購入すると非常に高額になってしまうため、自分で湿度を管理するという方法もあります。

密閉した空間の中で吸湿剤などを使用すれば、適度に乾燥した空間を作り出すのは不可能ではありません。
虫対策の製品も数多く市販されています。 そしていずれの方法で保管していても、定期的な虫干しをした方が良い状態を保ちやすいです。
保管している空間の中では空気の流れが発生しないため、水分が停滞しやすいからです。

虫干しにはその空気を新しくする意味があります。年に大体2・3回が目安で、最低でも1回は行うようにしましょう。
虫干しの機会は年に3回訪れて、それぞれ意味合いが異なります。
湿気を払う目的なのは夏と冬で、夏は特に梅雨で溜まった分を取り除く目的があります。

そして秋口には、発生しがちな虫を追い払うために行います。
いずれも基本は直射日光の当たらない陰干しで、結露が発生しないように温度変化が少ない時を狙います。

 

Copyright(c) 2011-2020 danger All Rights Reserved.