京都で着物をレンタルし着用する時はネックレスを取ろう

banner

京都は古都だけあって、着物を美しく着こなした女性を
街中でよく見かけます。

京都に行く

自分で着物の着付けをして名所旧跡を巡ったり、お祭の見物に行けたらと
思う人もいらっしゃることでしょう。

ですが残念ながら現代の女性で自分で着付けのできる方は決して多くはありません。
着物を着る生活は現代では特別なものとなってしまっているからです。

これまでに一度も着物を着たことがないという方も決して少なくはないのです。

ですからまずは着付けを習うことから始めなくてはなりません。
でも京都のどこで着付けを習えば良いのでしょうか。
どういった教室は良い教室なのでしょうか。

高額の着物を売り付けられるなどのトラブルが心配ですよね。
良心的な京都着付け教室かを見分けたいなら、まず、料金設定が
はっきりしているかを確認しましょう。

料金設定の確認

ホームページ上や入学資料に価格が記載されていると安心です。
襦袢など必要な道具は購入する必要がある場合もあります。

ですが、お稽古で使う着物は基本的に買う必要はありません。
もし問い合わせをする時は、道具や着物を購入する必要があるのかを尋ねてみてください。

系列校が沢山あるからとか、テレビでCMを流しているから
という理由で選ぶのは避けたほうが良いです。

京都と名のつく同じような学校名でも、全く別物の教室で関係がないところがあります。
京都によくあるのが呉服店とコラボしていて、やはり着物を売り付けられるというトラブルです。

授業料が無料なところは危いと思ってください。
まとめると、生徒側の様々な不安に丁寧に応対してくれる教室かに尽きます。

Copyright(c) 2011-2020 danger All Rights Reserved.